ここだけ?!絶対トクするお値打ち情報総合サイト
 
あなたにとってお得な情報が満載!この情報で幸せを手に入れましょう♪
 



2013年6月13日を表示

遺言の効力

遺言は、基本的に、自分の財産に対して、死後の処分を指示することが大義で、揉め事を防止する役割もあります。
トラブルを避けるためにも、遺留分に配慮をしながら、しっかりと効力のある正式な遺言を残しておかなくてはなりません。
一般的に遺言は、ユイゴンと読むのが普通ですが、法的な書式を備えたものについては、イゴンと発音するのが通例です。

遺言を書く場合、大きく分けると、普通方式と特別方式に分かれますが、一般的には、普通方式が採用されます。
遺言の効力は、成立時ではなく、死亡のときから発生するとされているので、その辺も注意が必要です。

遺言の効力を有するには、誰に対して、何をいくらという、明確な指示をしなければなりません。
また、遺言の効力を発揮させるには、無効事由がないように、慎重に記載していかなくてはなりません。
方式を欠いたり、年齢が満15歳に達していなかったり、真意を欠くときは、遺言は効力を失うことになります。
遺言の相続の効力については、相続人は遺留分を除き、指示通りに遺産を処分しなければならないという効力を有します。
複数の相続人がいる場合、どうしても揉め事に発展しかねないので、効力のある遺言を作成しておく必要があります。



6月13日(木)09:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 特ダネ情報 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器