ここだけ?!絶対トクするお値打ち情報総合サイト
 
あなたにとってお得な情報が満載!この情報で幸せを手に入れましょう♪
 



玄米茶の伊右衛門


いろいろな研究やテイスティングも行ったであろう「伊右衛門」の玄米茶も、なかなかこの壁がクリア出来なかったようなのです。
非常に簡素でありながら、複雑で、また味わいが色々と出てくるということからも、ペットボトルで再現するのは難しいのが玄米茶です。
玄米茶についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米茶のペットボトル版の「伊右衛門」の評判についても調べてみましょう。
この「伊右衛門」の失敗によって、玄米茶は実にデリケートで、それぞれの味わいが作られていることがわかったともいえるのかもしれません。
高級感のあるお茶シリーズである「伊右衛門」ですら、玄米茶の味の復元では見誤ったとも言えると言う方もいるほどなのです。
それだけ玄米茶の味わい、風味と言うのは、思っている以上に、デリケートであり、もっと何か複雑なものがあるのかもしれませんね。
つまりほうじ茶や煎茶、抹茶は味が一定なので再現しやすいのですが、玄米茶は玄米と言う材料で非常に味が複雑になるようなのです。
玄米の味にこだわり過ぎると、あまり美味しくない、ということもあり、玄米茶のブレンドは意外と難しいものなのだそうです。
それはいれたての玄米茶の味には、高級茶葉を使用して作っていることで有名な「伊右衛門」もさすがにかなわなかった、というのが真実のようです。
また「伊右衛門」が玄米茶の味わいにこだわった結果、逆に「癖のある味」ということになってしまったことも否めないのです。



4月11日(土)01:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 特ダネ情報 | 管理

この記事へのコメント投稿はできない設定になっています
コメントはありません。


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活