ここだけ?!絶対トクするお値打ち情報総合サイト
 
あなたにとってお得な情報が満載!この情報で幸せを手に入れましょう♪
 



2013年9月21日を表示

葬儀でのマナーの弔電編

葬儀でのマナーの弔電は、やむを得ず葬儀に参列できないときなど、喪主や親族に対して弔意を表す電報を意味します。
訃報を受けても参列できない場合、葬儀でのマナーの弔電として、すぐに電報を打つようにすることです。
届け先は、葬儀でのマナーの弔電として、葬儀が営まれるのが自宅なら自宅宛に、そして斎場なら斎場宛に送ります。
葬儀でのマナーの弔電は、郵便局や電話帳などに載っている例文を利用しても特に問題はありません。
その際、弔電は、故人にふさわしい言葉を添えるというのが大人の葬儀でのマナーになります。
葬儀に出席できない場合に葬儀でのマナーとして弔電を打ちますが、電話でのお悔やみは避けることです。
差出人はフルネームで、葬儀でのマナーの弔電として、故人との関係がわかるように書くようにします。
企業や団体が主催する場合、葬儀でのマナーの弔電は、葬儀責任者、部署、主催者宛に送ります。
弔電は略式かつ形式的なものという側面が強いので、葬儀でのマナーとして、慎重に手配しなければなりません。
遅くとも告別式の3時間前までには届くように手配するのが、葬儀でのマナーの弔電になります。



9月21日(土)02:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 特ダネ情報 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器