ここだけ?!絶対トクするお値打ち情報総合サイト
 
あなたにとってお得な情報が満載!この情報で幸せを手に入れましょう♪
 



2013年9月13日を表示

参列者としての葬儀でのマナー


実際問題、突如お葬式に行かなくてはならなくなり、咄嗟に戸惑ってしまう葬儀でのマナーナンバーワンはお焼香のやり方と回数なんだそうですよ。
でも、いざ友人や同僚の家の葬儀に参列してみると、あれれ、一回じゃんとかっていう経験も・・・。
神式やキリスト教徒の場合、数珠は不要で、参列者はお焼香をせず、献花で故人を送り出すのが葬儀でのマナーなのです。
まあ葬儀に参列すれば当たり前の事なのですが、これが思いの外難しかったりするので大変です。

葬儀でのマナーで最も重要なのが参列者としてきちんとお焼香が出来るかどうかという事。
でも、どうしても葬儀でのマナーを極めてから参列しなければならない時には、事前に関連のブログやサイトである程度学習して行かれるといいのではないでしょうか。
つまり、その都度参列者としての新たな葬儀でのマナーを確立しなければならないという訳です。
葬儀でのマナーとして、お焼香は3回だとよく言われるのは、恐らく浄土宗の葬儀に参列する機会が最も多いからでしょう。
なので、事前に宗派が分からず、葬儀でのマナーが予習出来ないのであれば、当日の参列者の真似をするのも一つの手でしょう。
特に親族として参列している人は、その宗教を信仰している可能性が高く、お焼香の方法もそれなりに習得しているものと思われます。
それにね、ここだけの話ですけどね、本当はお焼香の回数なんて、それほど問題じゃないんです。



9月13日(金)01:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 特ダネ情報 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | 恋活 | 家電バーゲン
放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット